南仏イエールが旅番組で紹介されます。

BS日テレの旅番組『大人のヨーロッパ街歩き』でイエールの街が54分の番組で特集されます。 

2012年8月20日(月)19:00~19:54放送予定です。 是非ご覧ください。 
番組のサイト http://www.bs4.jp/guide/document/e_machiaruki/ 

 

南仏イエール観光局で働き始め、大学のインターンシップの時期から合わせると、はや1年と3ヶ月。観光局ではイエールの日本語公式サイトを作り、週一回更新作業やブログ、フォトアルバム作成、イエールの観光パンフレットの日本語訳などを行ったりしています。日本のお客様へのメールに答えたりしています。 

水曜日から土曜日は島の観光局でフランス人に混じって島の観光スポットを地図を見せながら、仏語、英語で案内。時々日本のお客様も島へお越しになるので、日本語で島の観光スポットを案内できるときは、本当に嬉しいです。 

 

自宅でホストファミリーをしながらイエールの観光サイトを作り、自分で色々イエールの町の知名度をあげようと、こつこつやってきた時から合わせると、早いもので10年以上イエールの町の魅力をネット上で発信してきました。 

ここ最近はフィガロジャポンに国立自然公園の島、ポルクロル島が載ったり、今月もこの50分以上もの番組でイエールの町を取り上げていただける事になり、本当に光栄です。 

イエールは地中海に面している街で、美しいイエール諸島と南国ムードの青い空と海、やしの木が茂る通りや中世の名残ある旧市街が素敵なプロヴァンスとコートダジュールの交わる場所にあり、人口は5万5千人です。年間300日以上が晴天日です。 

美しい海の色も素晴らしいですが、旧市街の石畳や歴史ある建物群、活気ある魚や、八百屋、お土産や、ケーキや、パン屋、カフェや広場、マルシェ・朝市、蚤の市などが、温暖な気候の青い空の下に賑わいます。 

 

これからも南仏在住、南仏観光局勤めと言うメリットを活かして、南仏情報を南仏イエール観光局から日本の皆様へ発信していきたいと思います。 

《アクセス》 
◎電車で 
イエールの町には国鉄(SNCF)の駅があり、フランス各地からローカル電車や高速列車(TGV)で来ることが可能です。所要時間/パリ リヨン駅から乗り換えなしのTGVで4時間半,マルセイユから1時間15分 http://www.sncf.com/ 

◎飛行機で 
パリから1時間20分。イエールの海側には国内線、国際線ともに発着するTOULON-HYERES空港があります。毎日パリのオルリー空港からからの飛行機はもとより、ヨーロッパ各地からの国際線も発着しています。 
http://www.toulon-hyeres.aeroport.fr/ (空港のサイト) 
航空券予約・パリから(日本語)http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do 
ボルドーやナントから(仏・英語)http://www.volotea.com/fr/ 

南仏イエール日本語公式サイトhttp://hyeres.jimdo.com/ 

イエールの日本語パンフレットを数種類ネット上にてBOOK式に公開しております。 
http://issuu.com/yukaprovence

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。